2019年4月

我が家にハンドパンがやってきた'(2019.4.27)

こんばんは(^^♪

いちろんです。

まずは近況のご報告から

高松気功のひろばについて

令和元年5月からの見直しについては全部終わっていて

後はHPのメンテだけになってます(できていないけど)。

先週4/21は春の手当ての会ということで

準備運動のあと

①春の腰の調整に向けて後頭部の手あて

②二人組になって相手の体を揺すってほぐす

の2点を重点的に実施しました。

2組ご夫婦で来られていましたが、お互いの体を

観察し、揺らしあうのは良いことです(^^♪

さて、次は昨日の写真のお話し

いちろんの前に写っているのは

「Handpan」という楽器です。

はじめからお話しをすると、今年は

いちろんと、嫁さんで京都の気功の講座に通っています。

前回は4/7、季節的に最高なので前日の4/6に京都に入って

桜を見に行ったのですが、それはもうすごい人で

銀閣から哲学の道をぶらぶら歩きましたが

人であふれかえっており、

もう少しで永観堂へ右折というころには

十分人にあたっていました。

そんな時、

不思議な音色が聞こえて、

見に行くとこの楽器を演奏されていて

その場で、CDまで買ってしまいました。

どこがいいと思ったかというと

①音色が優しい

②演奏のスタイルが膝に乗せる形で音が丹田に直接響く

その日宿泊したホテルで調べて

ハンドパンオーナーズクラブというFBのグループに参加し

お近くに経験のある方はと呼びかけたら

なんと車30分のところに

売り物含めて3台お持ちの方がいらして、

そのうちの1台を分けていただきました。

存在知ってから、この子が我が家にくるまで1月未満、

なんぞご縁があったとしか思えません。

でも、指のたたき方が悪いんでしょうね、

中々、丹田に響く音が出てきません。

人に聞いてもらうほど上手くならなくても、

自分の丹田でこの音を響かせたい!

また、朝の日課が増えてしまったいちろんなのです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA