寝室(自己紹介)



いちろんの自己紹介
                      

〇名前:大川  一郎

〇生年月日:1957年1月6日(   山羊座A型)

         香川県高松市在住



【仕事】

〇1980年(昭和55年) 23歳の時、NTT(当時電電公社)に就職

〇2019年12月、NTT退職(勤続39年)

〇高松気功のひろば 代表


【病気】

〇2011年にパーキンソン病の診断を受ける



【気功】 → NPO法人気功協会

    〇2011年1月~  京都に通い始める

         2011年から2014年まで、年間講座「教える」を4期連続受講、修了

     現在も禅密功の講座に通っている


【NLP】→ NLP-JAPANラーニングセンタ

〇NLPプラクテショナーコース(~2015年8月)

〇NLPマスタープラクテショナーコース(~2017年2月)

〇NLPヘルスサティフィケーショントレーニング(~2018年6月)

〇メタファーオブムーブメント(~2018年8月)



【病気と気功とNLP】

不思議なことに、いちろんがこれから先、やらんしていることは、すべて病気発症の後、始めたものばかりです

それまでのいちろんは、年末にジャンボ宝くじや競馬の有馬記念に使うお金は有っても、「年末助け合い募金」に100円だって募金しない

自分が良ければ、周りのことなんか気にならない人でした

それが今や

人とつながりたい、人を笑顔にしたい、貢献したいと真剣に考えるようになっています

この変化はなんでしょう

もし、いい変化であるならば

ある意味「病気のおかげ」であり、病気にだって感謝せざるを得ません